専業主婦 カードローン 借りれる

専業主婦でもカードローンを利用できるのか

私は専業主婦で無職なのですが、生活費を工面するためにカードローンでお金を借りたいと思っています。収入がない私でもカードローンに申し込めるでしょうか?

『専業主婦でも借りれるカードローンがあります』

 

家計を切り盛りしている専業主婦の方は苦労も多いですね。ときどきご主人の収入だけでは足りなくなくなるということも確かにありますよね。専業主婦は収入がないのでカードローンに申し込めないと思っている方も多いですが実は専業主婦にも貸し付けをしている金融機関があるんですよ。

 

下記のポイントをチェック!!

 

専業主婦の方なら銀行カードローンがおススメ

 

専業主婦が借り入れをできるカードローンは一部の銀行や中堅の消費者金融で販売しています。ただし、消費者金融に専用主婦が申し込む場合は、本人確認書類以外の書類も提出しないといけないのでちょっと面倒です。

 

それに対して銀行カードローンなら本人確認書類だけで申し込めるので、ご主人にも内緒で申し込みができるというメリットがあります。

 

また、銀行カードローンは金利も低いので、返済負担を軽減できます。ご主人のお給料だけでやりくりされているなら、金利が低い方が絶対にいいですよね。

 

専業主婦でも申し込める銀行カードローンは意外に多い

 

もちろんすべての銀行のカードローンが専業主婦も申し込めるわけではありません。でも、専業主婦が申し込める銀行カードローンは意外に多いんです。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、常陽銀行、横浜銀行、などのカードローンは専業主婦でも借りれるカードローンです。地銀や信用金庫のカードローンでも専業主婦でも借りれるところが多いので、地元の銀行や信用金庫のカードローンもチェックしてみてくださいね。

 

専業主婦が借りる場合の金利と限度額について

このように専業主婦がカードローンで申し込みをするのは可能なのですが、本人に収入がないということで限度額は低く設定されます。

 

限度額は銀行によって異なりますが10万円、30万円、50万円といったところです。限度額が低いということは金利は高くなるということです。

 

たとえば三菱東京UFJ銀行のバンクイックに申し込んだ場合、金利は年4.6%〜14,6%なので専業主婦の場合は最高金利の14,6%が適用されます。それでも消費者金融の年18.0%とか20.0%という金利よりはかなり低くなっているので返済負担は軽くなります。

 

専業主婦が消費者金融のカードローンに申し込む場合

専業主婦の方なら銀行カードローンが絶対有利なのですが、でも審査が心配なので消費者金融に申し込みたいと思われるかもしれません。

 

残念ながら大手消費者金融では専用主婦には融資をしていないので、専業主婦の方は中小の消費者金融のレディースローンに申し込むことになります。

 

消費者金融は金利は高めですが審査は銀行に比べると緩めというメリットがあります。ただし、消費者金融の場合は、配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本のような書類の提出が必要になります。

 

また、借入額によっては配偶者の収入証明書も必要になります。それでご主人に内緒で申し込むことはできません。

 

勝手に自分で同意書を作成して提出したことがバレルと私文書偽造に問われることになりますので、必ずご主人の同意を得てくださいね。